M&K JAPAN

News.

  • HOME
  • News
  • 中山 剛さん、島根県でデフ(JDFA)福祉講演会

2019.07.25

中山 剛さん、島根県でデフ(JDFA)福祉講演会

先月の6月21日(金)22日(土)、島根県の大社にて、中山 剛氏(デフサッカーU23日本代表監督)による“心の授業”「湖北工業株式会社プレゼンツインクルーシブ・キッズサッカークリニック」デフ(JDFA)福祉体験講演会と「リズムフィットトレーニング」を開催しました。遙堪小学校の校長先生でもある大社SSCの上田先生やスタッフの藤井さん、湖北工業株式会社のご支援・ご協力があり島根県出雲市の3つの小学校(大社、荒木、遥堪)と大社SSCで開催することができました。島根県出身のデフ日本代表“竹内裕樹”選手の恩師の栗林さんもサポートに来てくださり、そのつながりでもう一人の恩師の上田先生(島根県4種技術委員長)にもお会いでき、島根県トレセンに入っております難聴のGK小学生にも会うことができました。
NHKだけでなく山陰放送(TBS系列)と山陰中央テレビ(フジテレビ系列)と出雲ケーブルビジョン(地元ケーブルテレビ)でも放送されましたのでご覧ください。
一人でもデフ(JDFA)サッカーを通して聴覚障がいについて知ってもらえればと思い活動しております。今年度は島根県、兵庫県、滋賀県、鹿児島県の小・中学校からお誘い頂き開催を予定しております。開催についてのお問い合わせは、(一社)M&K  JAPANにて承っておりますので、いつでも問合せお待ちしております。

大社SSCの上田先生の解説・案内による出雲大社は格別でした。2日間、貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
湖北工業(滋賀県)https://www.kohokukogyo.co.jp/